イト

いつか君の糸が見えるまで

試験論文対策メモ(志望理由)

1. あなたが、公務員を志望する理由

 

私が新聞やニュースに目を通した際、最も興味を惹かれるものは、地域開発や少子高齢化問題など、自分の街でも起こっている身近な問題だった。私が公務員を志望する理由は、それらの問題について興味を持っていくうちに、自分自身が公務員として行政に関わりたいと思うようになったためだ。

私は栃木県で生まれ育った。自然が豊かで都心へのアクセスも良く、とても住みやすい土地だと感じている。しかしその一方で少子高齢化が深刻化している地域など、変化に対応しなくてはいけない自治体も存在する。高齢化が進んだ地域では、お年寄りに対して若い世代の人口が少なく、従来のような若者がお年寄りを支えるといった考え方では成り立たなくなってしまう。そこで、お年寄りと若者が協働したコミニティー作りが必要だと感じる。お年寄りが地域コミニティーの中で活躍する場を設ける取り組みとして、お年寄りの方々の経験を生かした料理教室や農業教室を開催するなどの取り組みが増えると、若者にとっては勉強の機会になり、お年寄りにとっては生きがいを作ることができ双方にプラスな関係を築くことができると思う。

また、少子化が進んだ地域では学校の併合などにより家から学校や保育園などが遠くなってしまい、子育てが難しい環境になってしまう。それにより、子育て世代が他の地域へ移ってしまうため人家減少に歯止めがかからないなどの問題が生まれると考えられる。そのような地域ではスクールバスの手配などを行政と教育機関が連携して行うなど行政の力が必要になると思う。実際、私は小学高から家が遠く、登校が大変だった。子供を送迎している親も多く、親への負担も大きかった。今ではスクールバスが通っているため助かっていると思う。しかし、全ての自治体に子育てのしやすい環境を整備するというのはコストもかかり現実的ではないため、過疎地域の住民を中都市に集めて人口密度を維持するなどの規模の大きい改革も将来的には必要になると考えている。

少子高齢化問題ひとつ取っても、このように多方面からのアプローチが必要であり、広い視野が必要である。様々な事業に関わることができる公務員へなることで視野を広げ、住民が必要としている行政サービスを遂行できるようになりたい。

 

改善点

高齢者もこれからの時代では労働力として考えなくてはいけない。

行政は高齢者の働き口を見つけるサービスを提供するなどの支援が必要。  

 

人達→人たち

お年寄り→高齢者

 

デッキ解説-ゼラオラライコウ

ポケカを始めてまだ2ヶ月と浅いところも多く記事を書くには恐れ多いのですが良かったら読んでください。

あと、文章書くのに慣れてないので読み辛いとは思いますがどうか温かい目で見て下さい。(切実)

 

 

記事構成

・デッキ選択の経緯

・デッキ解説

・各マッチのプランニング

 

・デッキ選択の経緯

ポケカを始めて最初に作ったデッキはチルタリスgxをエースとしたものでした。しかしある程度知識が深まってくるにつれグズマ連投に対応できないことに気づき、展開もワンパターンで飽きてしまいました。新しいデッキを探してみましたが無論一番強いデッキを見分けることなどできないので少しでも安いデッキを選ぼうと思い、チャンピオンロードクラシックで入賞したゼラオラライコウが他のデッキより安そうだったのでチルタリスgxを解雇しゼラオラgxを雇いました。前述の通り僕のデッキはチャンピオンロードクラシックのゼラオラライコウをベースにしています。

 

・デッキ解説

f:id:saka7141:20180926043020j:image

ポケモン

3 ゼラオラGX

1 カプ・コケコGX

1 デンジュモクGX

3 ライコウ

1 カプコケコ

1 ツボツボ

1 ヤレユータン

 

・トレーナー

4 シロナ

4 リーリエ

2 デンジ

2 グズマ

 

・グッズ

4 ダート自転車

4 ハイパーボール

3 ネストボール

2 レスキュータンカ

4 エレキパワー

2 こだわりハチマキ

1 フィールドブロアー

1 穴抜けのヒモ

 

・スタジアム

3 エーテルパラダイス保護区

1 サンダーマウンテン

 

・エネルギー

12 基本雷エネルギー

 

[構築の留意点]

各マッチで必要なポケモンを決め、必要ないマッチでは不要碑になってしまうため引かないように必要最低限のポケモンを投入し、選択の幅を広げることができるボールを多めに投入。

また、このデッキにはルガゾロのマニューラのような非GXで高火力を出せるカードが無いため一度サイドレースで先行されてしまうと相手が途中で事故を起こしたりプレイミスでサイドレースを譲ってくれない限り巻き返すのは難しいと感じたのでテンポロスをしないことを意識。

 

 

[各カードの解説]

 

ゼラオラGX』

ゼラオラで3回殴りたいマッチがあり、2枚しか入っていないと3枚目をレスキュータンカで回収してから出すしかなく、それをやるには1枚目が倒されてからしかエネルギー補充ができないのでテンポロスしてしまうので3投。

 

『カプ・コケコGX』

ソルガレオがソルバーストGXを使ってきた返しに特性でバトル場に出しカプサンダーGXを使えば50×5=250になりソルガレオをワンパンすることができる。

また、闘弱点がないのでマッシブーンがビーストリングを使った返しにカプサンダーGXでワンパンし、次ターンてんくうのツメ+ハチマキorエレキパワーを2枚使い130+30×2=190を出せればマッシブーンが相手でも勝ち筋を作れる。

(@ilikerizardonアースさんに教えていただきました)

 

デンジュモクGX』

ルガゾロなど特殊エネルギーしか積んでないデッキを止められる。

 

 

ライコウ

2進化デッキのHP60のタネポケモンをエレキパワーと合わせて1エネでワンパンしてテンポを取れ、エネ加速ができるデッキのエンジン。

 

『カプ・コケコ』

ロストマーチ相手に一度かいてんひこうでダメカンをバラまいておくことでエレキパワーを使わなくてもワタッコネイティがライコウのとどろくらいめいで落とせるようになる。

逃げエネが0なので最初のバトル場のポケモンになってもその後の展開がスムーズに行うことができる。

 

『ダート自転車』

2枚から1枚を選ぶという動きは単純に選択肢を増やしてくれる為強く、エネルギーをトラッシュに送れる可能性もある。

ドローソースが無く、なおかつ引き入れなければいけないカードがある場面でダート自転車を使いシロナとグズマの2択になった際にグズマを捨てなければならない場面などのデッキに残しておきたいカードを捨てる場面で弱いという意見もありますが、このような場面ではそもそもシロナを引き込めないと負けているので僕は悪いカードではないと思います。

このような場面を誘発しないためにも手札に引き込まなければいけないカードが無い場合は使わないことを意識すべきではあると思います。

 

『エレキパワー・こだわりハチマキ』

こだわりハチマキがGXポケモンにしか干渉できないのに対し、エレキパワーは全てのポケモンに干渉できるので当然エレキパワーの方を多く採用。

このデッキの最大火力のゼラオラGXでさえ160しか出ないのでGXポケモンをワンパンするにはこだわりハチマキ又はエレキパワーでの補助が必要不可欠でこのデッキの生命線と言っても過言じゃないです。

通常のデッキにこだわりハチマキが2〜3枚しか入っていないためバフカードが6枚はやりすぎではないかと思う人も多いと思います。しかし前述のマッシブーンGX対面のカプコケコGXの戦い方で触れたようにエレキパワー+こだわりハチマキないしはエレキパワー2枚が必要になる場面も多く、ロストマーチ相手には基本エレキパワーを絡めないとライコウの"とどろくらいめい"で相手ポケモンが落ちてくれないので確実に引き入れるためにも4枚採用で間違いないと思います。

 

各デッキとのプランニング

 

[vsロストマーチ]

基本的にはGXポケモンを出さずにライコウやカプコケコでビートする方針です。

カード解説の際にも書いた通りカプコケコの"かいてんひこう"を1度使いダメカンをばら撒いておくことで全てのロストマーチポケモンライコウの"とどろくらいめい"でエレキパワーを使用せずともワンパンできるようになるので最初のライコウが倒された後続にカプコケコを用意することを意識してます。

 

 

プランニングの重要性を理解しやすいようにクイズを用意してみました。

f:id:saka7141:20180926221414j:image

vsロストマーチの後攻で(ゼラオラGX、ライコウ、リーリエ、デンジ、ネストボール、エレキパワー、雷エネルギー2)

この手札の場合どう展開するか考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

例1

f:id:saka7141:20180926221559j:image

とりあえず手札のカードを使えるだけ使ってリーリエ6枚ドロー。

・強み

デンジが手札に残っているので次のターンのエレキパワーが確保されている

・弱み

ゼラオラがベンチに出てしまっている

 

 

 

例2

f:id:saka7141:20180926221910j:image

デンジからハイパーボールと雷エネルギーをサーチし、ハイパーボールでゼラオラと雷エネルギーをトラッシュ、コケコサーチしてベンチ。

 

・強み

ゼラオラが場に出ていない。

弱み

次のターンのエレキパワーが運頼りになってしまう。

 

ちなみに後者でも次のターンリーリエでのドロー枚数は5〜6枚です。

 

僕は例2が正解だと思ってます(違ったら教えて下さい)

理由

1.ハネッコに進化したターンの返しにコケコでエレキパワー"かいてんひこう"をしていない例1の場合、3ターン目にライコウハネッコを倒す際に結局エレキパワーが必要になるので結局3ターン目にはエレキパワーが素引きしなければならない状況が生まれてしまう。(エレキパワーの代わりにデンジでもいいが残っているエレキパワーは残り2枚なので例2の場合の2ターン目と比べて素引きの要求値は2ドロー分とデッキ圧縮分が加味されやや優しくなるものの多分そこまで変わらない)

 

2.エレキパワーは4枚しかないので毎ターンエレキパワーを引けてもサイドは4枚しかとることができなく相手が完全に回った場合、ハネッコに進化した返しのターンで"かいてんひこう"を挟まなければ勝ち筋がなくなる。

 

3.相手が完璧に回った場合ゼラオラグズマの的になってサイドレースで逆転されてしまう。

 

4.相手が回らなかった場合例1でも例2でも特に差がなく有利。

 

以上を踏まえて僕は例2の展開が良いのかなって思います。

 

雷エネルギーが1枚エレキパワーだった場合の極端な例にすると完全にデンジを使うのが正解ですが手慣れでプレイをしているとリーリエから入ってしまう可能性がある初手だと思います。

相手のデッキごとにどんなパターンで攻めるのが有効か理解する大切さがわかってもらえたのではないでしょうか。プランニングができないと考える材料が無いので「とりあえずリーリエ」みたいな発想しか生まれなくなってしまうので僕の回答が正しいかはさておきプランニングって大切ですよね。

このあと他のデッキへどんなプランを取るかも書いていこうと思います。

 

今日は疲れちゃったので残りは後日更新します。 

質問等はツイッターへよろしくお願いします。